ランドセルと子供の肩こりや腰痛は「姿勢・運動能力・健康・集中力・自信」にも影響する?!

明日から3月。新年度ももうすぐですね!!
スタジオでも、新年度に向けてクラスが進級する子たちへのご案内が始まったりしています。

小学生と言えば「ランドセル」ですが…
教科書のページ数の増量やカラー化、ワークブックなどの副教材の増加、タブレット端末も持ち運びに水筒。
私たちが子供の頃よりもはるかに重くなったランドセルの中身。
「ランドセル症候群」という名前があるほど問題視されていますね。
ランドセルの重みによって、身体の重心が後ろに傾き続けるため、肩や腰、首、腕の痛みや
重い荷物を背負うことが億劫で登校を嫌がる「通学ブルー」という現象もあるようです。

そんな子供たちの負担となるランドセルは、
姿勢が悪い
集中力がない
落ち着きがない
自信がない
病気になりやすい
疲れやすい
考えて動けない
走り方がぎこちない
すぐにケガをする
運動能力が低い
などの問題にも繋がってきてしまいます!!

同じ姿勢、同じ動作を繰り返す日々を改善しなければ、自分自身で身体をコントロールする運動能力は低下します。
運動能力が低下したままにすると運動発達に影響が出てしまいます!
将来的に頸椎ヘルニアや腰部ヘルニアになりやすかったり、身体の成長にも影響が出やすくなってきます。
胸郭の動きが悪くなり呼吸器の機能低下や、自律神経の問題も出てきてメンタル面でも影響が出やすくなります。

バレエやダンスは、音楽に合わせてカラダを動かしていきますよね。
全身運動だけじゃなく、音楽を聴くことで脳に伝わり全身にいい影響をもたらしてくれます!!
自律神経系に作用して、心拍や血圧が変化し、興奮や鎮静、リラクゼーションなどの効果なども得られます。

週に1度、子供たちのカラダと心の成長と健康のためにダンスを取り入れてみませんか?

 

3月1日(金)のレッスンは

時間 クラス 担当インストラクター
11:00~17:00 プライベートレッスン・セッション(予約制)
17:30~19:00 ブレイキン RyU
19:00~20:30 ヒップホップ SARA
20:30~22:00 ロックダンス GO

関連記事

  1. 池田真紀修行中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP