クラス

ブレイキン

Breakin

オリンピックで話題の
アクロバティックなダンススタイル

ブレイキンはオールドスクールヒップホップに分類されるストリートダンスの一つです。
主にエントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの四つの要素から成るフロアムーブを主体としたダンススタイルです。
一度に全ての要素を盛り込む必要はなく、どの動きに重点を置くかはそれぞれのダンサーにより異なります。
これらをより高度なレベルでこなすには柔軟性や筋力、リズム感が必要不可欠であり、時には即興性も求められます。
当スタジオでは、ダンス要素を重視してフットワークを中心としたリズムブレイキンをテーマにクラスを進めていきます。
ヒップホップやハウスのフロアムーブのスキルアップとしても最適!
勿論、初心者大歓迎!!楽しくダンスが始められるように1からレクチャーします。
ヒップホップカルチャーの元祖でもあり、世界中で最も多く踊られているスタイルに皆さんも挑戦してみましょう!

breakin-03

基礎・基本を大切に

基礎部分では物理法則や運動理論などを交えて考える事によって、動き方、動かし方をしっかりと理解していきます。その結果、様々な動きを自分で想像・実行・修正を繰り返す事が出来るようになり、頭を使いながら上達していく事が可能になります。
繰り返し基礎を身体に入れ込んで応用・昇華して、新たな動きを作り上げていきましょう。

自分だけのダンススタイル

「筋肉が必要」「怪我をしそう」「男性のジャンル」などのイメージが強いブレイキンですが、一概にそういった訳ではありません。
ブレイキンの中にも様々なスタイルが存在します。
基礎的な動きを練習しながら、自分にあったスタイルや挑戦したいスタイルを模索しながらレッスンを進め、そこに自分の長所を混ぜる事でオリジナルスタイルが出来て行きます。

breakin-04

ブレイキンとは

ブレイクダンスは1970年代にニューヨークのサウスブロンクス地区のアフリカ系アメリカ人やラテンアメリカ人の若者達によって発展したストリートダンスのスタイルである。また、アフリカ・バンバータの提案でギャングが抗争をまとめる為に銃撃戦の代わりにブレイクダンスのバトルを用い、発展に繋がったと言われている。
後に、ニューヨークのロックステディークルー(Rock Steady Crew)などのクルー同士による大規模な抗争がメディアの関心を受け、これがダンスチームの急速な成長へと繋がった。ディスコクラブやテレビ番組、公のイベントなどにもブレイクダンサーは進出していった。過剰な人気は1980年代前半には色褪せ、一時下火となったが、アフリカの民族舞踊や、世界各国の伝統舞踊、格闘技の動きなどが取り入れられ進化していくうち、80年代後半になると盛り返した。現在では数多くの世界大会も行われるようになり、オリンピックの競技としても注目を集めている。

Breakin-02

持ち物

動きやすい服装(男女別、350円でレンタル有ります)、タオル(汗ふき用)、飲み物(蓋の出来るもの)、スニーカー等(室内履き)

レッスンウェアについて

レッスンに参加する際のウェアの指定は基本的にはありません。
ブラトップやTシャツ、ジャージやハーフパンツ、サルエルパンツなどの動きやすい服装。

  1. クラス

    ART GROOVEで楽しく学べるクラスをご紹介

  2. バレエ

    美しい身体への変化やスキルアップをしっかりと感じる

  3. ジャズダンス

    個性や人間性も自由に表現

  4. ヒップホップ

    ダンスも音楽もヒップホップを楽しもう

  5. ハウス

    お洒落でスタイリッシュなダンススタイルに挑戦しよう

  6. ディスコ・ソウル

    ダンス全体のスキルアップも出来る 人気のクラス

  7. ロックダンス

    ストリートダンスの中心的なスタイルを学べる

  8. ブレイキン

    ダンス要素を重視したフットワーク中心のリズムブレイキン

  9. タンゴソロステップ

    女性らしい動きや表現を追求

  10. バー・アスティエ

    理想とする自分に進化していく時間

  11. ナチュレストレッチ

    ノーストレッチノーペイン開脚

  12. キッズクラス

    子供たちに「バレエ・ダンスを好きになって欲しい…。」というART GROOVEの思い

PAGE TOP