クラス

ロッキン

ストリートダンスの
中心的なスタイルを学べる

ソウルダンスからの派生で70年代L.A.で誕生したロッキン(ロックダンス)は、80年代にN.Y.のヒップホップムーブメントに取り入れられ、一気にストリートダンスの中心的なスタイルと成長しました。
現在でも人気のこのスタイルは様々なニュアンスで踊られ、現在のストリートダンスの礎の一つとなっています。

様々なストリートダンスに影響を与えながら進化するこのスタイルを、基礎からしっかりと身に付けていきましょう!

「上達=カッコ良く」にこだわったレッスン

クラスでは基本を徹底的に反復することにより、焦らず時間をかけてしっかりと体に染みつかせるトレーニングで、一つ一つの動作とリズムキープを大切に、確実に上達するカリキュラムを行っています。
またロッキン特有のそれぞれのムーブを、「カッコ良く見せる」こだわりを持って、頭と体と両方で理解をして習得していくようなレッスンとなっています。
ロッキンをクールにカッコ良く踊りたいと思っている方、初心者でも経験者でも必ず納得出来る内容となっていますで一度体験してみて下さい。

ロッキン(ロックダンス)とは

ロックダンスを考案したのはアメリカ人のDon Campbell(ドン・キャンベル)。Campbellock(キャンベルロック)とも呼ばれています。1969年、L.A.で、彼は当時流行していたダンス(Funky Chicken)を滑らかに行う事ができず、その代わりにロック(静止する)スタイルを生み出しました。
また、ロックダンスの代表的な動きには観客に向かって指をさす(ポイント)がありますが、これは彼が観客から笑われたため、指をさしたのが始まりだといわれています。このように、ロックダンスには何気ない動きを取り入れた物が多く存在します。
1970年代に入ってから、彼はThe Lockers(ザ・ロッカーズ)というダンスチームを結成。The Lockersは「Saturday Night Live(サタデー・ナイト・ライブ)」に出演し、1972年にはTV番組「Soul Train」に起用され、一躍有名になりました。

持ち物

動きやすい服装(男女別、300円でレンタル有ります)、タオル(汗ふき用)、飲み物(蓋の出来るもの)、スニーカー等(室内履き)

レッスンウェアについて

レッスンに参加する際のウェアの指定は基本的にはありません。
ブラトップやTシャツ、ジャージやハーフパンツ、サルエルパンツなどの動きやすい服装。

  1. クラス

    ART GROOVEで楽しく学べるクラスをご紹介

  2. バレエ

    美しい身体への変化やスキルアップをしっかりと感じる

  3. バー・アスティエ

    理想とする自分に進化していく時間

  4. ジャズダンス

    個性や人間性も自由に表現

  5. ヒップホップ

    ダンスも音楽もヒップホップを楽しもう

  6. ハウス

    お洒落でスタイリッシュなダンススタイルに挑戦しよう

  7. ディスコ・ソウル

    ダンス全体のスキルアップも出来る 人気のクラス

  8. ロッキン

    ストリートダンスの中心的なスタイルを学べる

  9. セクシージャズ

    女性らしい動きで女子力アップ

  10. ピラティス

    心と体の美しさアップから、生活の質を上げる習慣作りにも繋がるエクササイズ

  11. キッズクラス

    子供たちに「バレエ・ダンスを好きになって欲しい…。」というART GROOVEの思い

PAGE TOP