ロッキン

ロッキン

ソウルダンスからの派生で70年代L.A.で誕生したロックダンスは、80年代にN.Y.のヒップホップムーブメントに取り入れられ、一気にストリートダンスの中心的なスタイルと成長しました。
現在でも人気のこのスタイルは様々なニュアンスで踊られ、現在のストリートダンスの礎の一つとなっています。

クラスでは、基本を徹底的に固め、一つ一つのムーヴを大切にして、確実に上達するカリキュラムを行っています。
ロッキンを上手にカッコ良く踊りたいと思っている方、初心者でも経験者でも一度体験してみて下さい。
本気で上達を望んでいる方には、必ず納得出来る内容となっています。

ロッキンとは

ロックダンスを考案したのはアメリカ人のDon Campbell(ドン・キャンベル)。Campbellock(キャンベルロック)とも呼ばれています。1969年、L.A.で、彼は当時流行していたダンス(Funky Chicken)を滑らかに行う事ができず、その代わりにロック(静止する)スタイルを生み出しました。
また、ロックダンスの代表的な動きには観客に向かって指をさす(ポイント)がありますが、これは彼が観客から笑われたため、指をさしたのが始まりだといわれています。このように、ロックダンスには何気ない動きを取り入れた物が多く存在します。
1970年代に入ってから、彼はThe Lockers(ザ・ロッカーズ)というダンスチームを結成。The Lockersは「Saturday Night Live(サタデー・ナイト・ライブ)」に出演し、1972年にはTV番組「Soul Train」に起用され、一躍有名になりました。

 

担当インストラクター

GO

GO

 

 

 

 

 

【 持ち物 】

動きやすい服装(男女別、300円でレンタル有ります)、タオル(汗ふき用)、飲み物(蓋の出来るもの)スニーカー等(室内履き)

レッスンウェアについて
※レッスンに参加する際のウェアの指定は基本的にはありません。
ブラトップやTシャツ、ジャージやハーフパンツ、サルエルパンツなどの動きやすい服装。