今はまだ大丈夫、、でも10年後は?

先日、
レッスン中に健康でいるためには
身体が整っていることが大切とお話したら、、
癌とかの病気になってしまったらねーっと

気になったので
調べました

 

運動・スポーツは女性特有の疾患を予防し、快適な毎日にしてくれる!!
女性特有の疾患である乳がんや子宮体がん、骨粗しょう症などの予防に役立つことが様々な研究により分かっているそうです
疾患の予防に努めておくことが大切ですね

血液循環がよくなると女性の悩みとして多く挙げられる
冷え
むくみ
便秘
などの改善が期待できます。

体力がついてくれば、
階段を上るときの息切れがしなくなったり、
重たい買い物袋を持ち帰ったときの疲労感がなくなったり、
日常生活のちょっとした動作が楽になります。

快適な毎日を過ごせるなら嬉しいですよね

女性の心と体の健康は、女性ホルモンの影響を大きく受けますよね
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類です

生涯を通じたエストロゲン分泌量の変化による心身への影響が大きいと言われています。
女性の身体はこのエストロゲンに守られていて、エストロゲン分泌量が減少すると更年期障害と呼ばれる様々な不調になると…
その後の老年期になると骨や血管等に影響を及ぼして疾患リスクが高まります。
40代から発症する人も多い乳がん
エストロゲンの影響を受けているといわれています。

閉経してエストロゲンが分泌されなくなると、コレステロール値が上がりやすくなることや太りやすくなることから、
生活習慣病のリスクが高くなるそうです

閉経後の乳がんや子宮体がん、生活習慣病は運動によってリスクを減らす可能性が大きいことが、
疫学調査によって国際的にも明らかになっていると…
これらの疾患リスクが高まる前、つまり若い時からの運動は大切なんだそうです

今は、大丈夫でも
10年後、20年後を考えて
身体を動かすことを習慣にしませんか?

関連記事

  1. 2024.Workshop(ジュニアバレエ)
  2. RIKO WED JAZZ DANCE

コメント

    • オバリーナ
    • 2023年 8月 18日 10:05pm

    子供の頃からバレエをやっているオバリーナで、40歳を過ぎて更年期が始まったので、バレエはやめなくてはならず悲しんでいます。

    更年期や閉経後は、バレエを続けると骨粗鬆症による骨折のリスクが上がるので、バレエはやめなければならないんですよね?

    閉経が怖いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP