キッズ・ジュニア/バレエ

Pre-Ballet-2021

バレエ専門スタジオでしかバレエを正しく学べないと思っていませんか?

プロのバレエダンサーを目指す子供達や、「舞台芸術」として豪華なセットでバレエ団のような発表会を経験したい方は、バレエ専門スタジオやバレエ団附属のスクールに通う事を強くお勧めします。
ART GROOVEのバレエクラスは、下記をとても大切で重要な事としてレッスンを行っています。
*心身ともに健やかに大人になれる身体作り
*バレエ以外にも応用が出来る身体感覚(運動神経)

骨盤は10歳前後、腰椎は15歳前後で完成すると言われています。完成していない骨格でプロのバレエダンサーと同じ事をすれば骨格構造は崩れ、ケガや不調で苦しむ身体になっていきます。骨格構造は自律、代謝、分泌、免疫力、思考、人間の全ての事に影響します。その為、我々は子供達の骨格成長と骨格構造を一番に考えたレッスンを行っています。故に、他のバレエスタジオよりもレッスンの進行は遅くなります。
全ての事に通ずる身体を幼少期から整え、子供達が自分で興味を持って決めた事を好きなだけ楽しめるように、バレエを通して心地良い身体作りを行っています。

キッズバレエ 12

なぜ、バレエを習いたいのか?

バレエを習うメリットとして良く上げられる事です。
〇姿勢が良くなる
〇体力が付く
〇仲間を作る事が出来る
〇礼儀を学ぶ事が出来る
〇忍耐力が鍛えられる
〇集中力が付く
〇学校や家庭以外に居場所が出来る
〇大勢の人前で自己表現が出来るようになる
子供達は楽しく、保護者の皆様には負担が掛かり過ぎないよう、レッスン出来ることが大切だと思っています。

発表会は?

年1回目安で、ホールでの発表会を行っています。当スタジオはバレエの他にヒップホップやジャズダンスなどの様々なジャンルが学べるスタジオの為、バレエ専門スタジオのように高額な参加費は頂いておりません。
発表会を観に来てくれたお客様や、出演者など多くの方が楽しめるエンターテインメント性の高い発表の場になるよう講師一同全力投球しております。

レッスンウェアについて

本来バレエでは生徒の筋肉が、どんな状態で動いているかを常にチェックし、正しい動きをしていないときには、講師が修正していきます。その為、身体の線がよく見えるレオタードを着用します。
ですが、最近ではお子様向けのブラトップのようなものやレギンスなどが購入できるようになってきました。
当スタジオでは、バレエには興味はあるけどレオタードが嫌という子供たちや、他の何かの補足でバレエが必要とされている子供たちや保護者の皆様のご負担を少しでも軽減できればという思いから、レオタードの着用は任意としております。
レオタードを着る、着ないはご家庭で自由に選択して頂いて結構です。もちろんレオタードを着用したい場合の購入のお手伝いも可能ですので、ご相談下さい。

クラスの内容は?

キッズバレエ

インストラクター:AIMIN
対象年齢:4歳~小学2年生対象
一般的に海外の殆どのバレエスクールの生徒受入れは10歳前後からとなっています。
プロを目指すような本格的なレッスンは、16歳前後からスタートし、18歳で卒業という流れが一般的です。

当スタジオでは、幼年期より始めなければ本格的なバレエダンサーになれないという、日本の古典的な考え方ではなく、お子様の身体の成長を一番に考えたクラス分けを行っています。
また、担当講師はバレエ、ジャズダンスをしっかりと習得し、テーマパークダンサーとして活躍してきた講師が担当しています。
*本格的にバレエ学ぶ基礎
*他のジャンルへの基礎
*リズム感の基礎
様々なことへのベースに繋げられるクラスです。

ジュニアバレエ

インストラクター:池田真紀
対象年齢:小学3年生~6年生対象
小学校高学年になって、自身の意思でバレエを習いたいと思った子供たち、お勉強や他の習い事の都合などでバレエをやめてしまったけど…といった子供たちを歓迎します。
無理のない範囲で好きな事を続けて欲しいと思っています。

Kids-Ballet_03

PAGE TOP