バー・アスティエ

バー・アスティエ

床に『寝る』、『座る』の姿勢で行うバレエストレッチ。
床に体重を預けて安定させることで、立った状態ではバランスが難しい動きも自由に動かして行く事が出来ます。

バー・アスティエの3つの要素

○楽な身体になる
はじめは僅かな感覚ですが無意識のうちに身体は変化します。
痛みや無理を伴わずに筋肉を目覚めさせてくれます。

○身体を知る
肉体の持つ可能性を知ること。
リラックスした精神状態であること。
この2点を大切にすることで、自分自身の身体をよりよく感じ、内面と向き合い、自らを知ることが出来ます。

○あなたの中にある美しさ
誰の中にも必ず存在する魅力、美しさを最大限に引き出します。

バー・アスティエの主な効果

●身体の柔軟性
身体の硬い方には是非体験して頂きたいクラスです。身体を正しく使い筋肉、関節を柔軟にしていきます。

●様々な筋肉をバランスよく鍛える
可動域を広げ、筋力をアップすることで、患部をかばう為に歪んでしまったバランスを整え、痛みの緩和にもつながります。

●アンチエイジング・健康・ダイエット
腹筋・背筋を始め様々な筋肉をバランスよく鍛える事によって、アンチエイジング、ダイエットにも効果があります。
二の腕の引き締めやヒップアップなど女性の気になる部分にも効果的です。
血行が良くなり、肩こり、腰痛、冷え症などにも効果がみられます。
バー・アスティエを始めた女性がまず美しくなるのが、首から胸にかけてのデコルテラインです。

●ダンサーの技術・表現力の向上
身体の軸が強くなり、無駄な力みが抜けることによりダイナミックで、柔らかな表現力に繋がります。

他にもバー・アスティエを継続することで、沢山の変化を感じられ、新しい感覚を得られます。
ご自身の理想とする自分に進化していく時間になっていきます。

バー・アスティエとは

フロア・バー、あるいは、バレエストレッチのことで、フランス語では、バー・オ・ソルという、バレエを、床に座ったり、寝たりした状態でおこなうエクササイズのことで、そのフロア・バーのひとつに、バー・アスティエというメソッドがあります。
バー・アスティエのバーとは、バレエのレッスンの時につかまる木の棒のことで、バーレッスンを床に座ったり、寝たりして行うエクササイズです。
特徴としては、気持ち良くできる音楽を用いてエクササイズでありながら、踊るような楽しさを感じながらレッスンしていただけるというところで、他のメソッドやボディコンディショニングと大きく違うところです。

 

担当インストラクター

池田真紀

池田真紀

 

 

 

 

 

 

【 持ち物 】

動きやすい服装(男女別、300円でレンタル有ります)、タオル(汗ふき用)、飲み物(蓋の出来るもの)、靴下。

レッスンウェアについて
※レッスンに参加する際のウェアの指定は基本的にはありません。
ブラトップやTシャツ、ジャージやハーフパンツ、サルエルパンツなどの動きやすい服装。
バー・アスティエは、床の上で脚を滑らせて動かすことが多いため、長パンツで受講頂くと動きやすくなります。