ディスコ・ソウル

ディスコ・ソウル

70年代から80年代のディスコブームを彩ったアーティスト達の曲に合わせて、当時のステップを中心にダンスを楽しむ「ディスコ・ソウル」!
当時を知る世代は懐かしく、知らない世代は新鮮に感じる、幅広い層に好評のクラスです!
また現在流行の数々のダンスのルーツであるソウルダンスに近いディスコスタイルを身に付けて、ダンス全体のスキルアップもできる当スタジオ人気のレッスンですよ。
皆さんも楽しんで踊りながら上達できるこのクラスに仲間入りしませんか?

ディスコダンスとは

ディスコダンスは、1970年代以降ポピュラーになったディスコ(2000年代に入る直前からはクラブと名称が変化した)と呼ばれる、ダンスを楽しむための娯楽施設で音楽に合わせて踊るダンスのことで、ジョン・トラボルタ主演の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)の大ヒットにより、全世界に広まりました。
1973年のジェームス・ブラウン初来日をきっかけにはじまった第二次ディスコブームの頃、盛んに踊られ、ダンスフロアにいる全員がおなじ振りを踊るのが特徴。
狭義のディスコダンスとは、1970年代のディスコで踊られたダンスを指し、ヒップホップ勃興以後広まったストリートダンスとは区別されています。

ソウルダンスとは

1960年代から80年代初頭にかけてアメリカでファンクミュージックの流行と共に黒人達の間で自然発生的に生まれ、流行したパーティダンス。もしくは、同年代、日本においてディスコでファンクミュージックに合わせて踊るために考案され流行したステップダンス。
主にアメリカで流行していたダンスだが、日本国内ではテレビ番組「ソウルトレイン」の影響やアメリカ軍駐屯基地周辺から徐々に日本人の間でも流行した。本場アメリカでは特にソウルダンスといった呼び方は存在せず、日本人が勝手にソウルダンスと呼び始めたものと思われる。

 

担当インストラクター

GO

GO

 

 

 

 

 

 

【 持ち物 】

動きやすい服装(男女別、300円でレンタル有ります)、タオル(汗ふき用)、飲み物(蓋の出来るもの)スニーカー等(室内履き)

レッスンウェアについて
※レッスンに参加する際のウェアの指定は基本的にはありません。
ブラトップやTシャツ、ジャージやハーフパンツ、サルエルパンツなどの動きやすい服装。